スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠の中を流れる大河 Nile in luxor

砂漠、沙漠の中の水といえば、オアシスの水、サハラに数多くある巨大な塩湖の水。
しかし、残念ながら様々な理由で枯れてきた塩湖や既に枯れてしまった塩湖も数多い。

砂漠の中を流れる大河というと、ナイル河しか思い浮かばない。
(他にあったら教えてください)

オアシスや塩湖が枯れていっても、ナイルが枯れてしまうことはないだろう。

今更ながらに、エジプトの自然は素晴らしいと思う今日この頃。
国土のほとんどが沙漠、砂漠、一生かけてもその全てを見ることは不可能だろう。

P5019970.jpg

南の砂漠の中の家 Houses in upper egypt

ルクソールの遺跡群のある場所までの沙漠道。
カラフルな砂色と空色をした家々が目に入ってくる。
既に人は住んでいないそうだ。

砂漠の中でもナイルからそう遠くないので、水には困らないのだろうが、
敢えて大河の傍の緑が多い場所ではなく、乾いた暑い砂漠の中に小さな集落を作り住んでいたのは何故だろう?

P4309369.jpg

砂の中の民 a Man in luxor

砂漠の民というと、僕は常にオアシスに住むベルベル人や、アラビア砂漠のべドウインや、サハラのトウワレグばかり考えていた。

しかし、エジプトのカイロ以南のナイル沿いに住む人たちは全て砂漠の民になるということに今頃やっと気がついた。
ナイルの両側には緑があるが、数十メートル先はすべて沙漠、砂漠だった。

そんな当たり前のことをすっかり忘れていた。のではなく、無視していた。
南エジプトのサイーデイ(南エジプト人をここではそう呼ぶ)も遊牧民ではないかもしれないが、べドウインやトウワレグと同じように砂の中に住む民だった。

P4299266.jpg


砂の中の遺跡 The temple in upper Egypt

エジプトは国土のほとんどが砂漠だ。砂でなければ岩沙漠。
そんな中に古代遺跡が点在する。有名なものから、あまり知られていないものまで数多い。

ギラギラと眩しいコントラストの強い砂の光の中で、砂色をした遺跡の中を探検するのは、
砂丘を登るのと同じくらいに気持ちが安らぎ、またエキサイテイングでもあり、
UPとDOWN、HIGHとLOWの感覚が体中に同時に訪れる。

P4309399.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。