スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・カーブ El Kab

気がつくと2014年も終わりに近づいていた。

今年は夏にたった一度このブログを更新しただけだった。
過去の砂漠の記憶から、記すことはたくさんあるのだが、なんとも気が乗らなかった。

夏に記したように、北アフリカ、アラビアの砂漠で安全に行ける場所が極端に減り、夏以来、エジプトの砂漠に関しては、西方砂漠が、砂漠内でのキャンプが安全上禁止となり、現時点(2014年12月)では、白砂漠に日帰りのみOKのようだ。

考えてみると、砂漠で最後にキャンプをしたのは2010年だった・・・その後に砂漠には幾度か行っているが、テントで寝袋で寝るということをしてから、いつの間にか4年以上も経ってしまったわけだ。砂漠キツネが日没とともに出没する音の無い乾いた世界が懐かしい…。

さて、そんな情勢から、今も問題なく行けるモロッコの砂漠やオマーンの砂漠にも今年は(も)行かず、しかし、エジプトの砂漠の遺跡にはいくつか行った。

その中で、興味深かったのが、このエル・カーブの墓遺跡。

比較的(いや、かなり。笑)簡単に行けるので秘境とはとても呼べないが、一般的には足を延ばさない場所だろうか?

ルクソールから車でエドフに向かって東岸を1時間半ほど行った道路近くのサバクの丘の上にその墓遺跡がある。
ほとんど観光客が寄らない場所なので、ゆっくり独り占めで見学できるのがいい。

PB231733n.jpg

時代的には、誰でも知っているであろうツタンカーメン等の存在した一番派手な時代・・・新王国時代の墓だ。
その割には、いわゆる派手な神々の絵はほんの少ししか無いことに驚いた。例えば鳥の頭を持つホルスやら、ワニの神やらの絵が、あまり見られず、人々の生活が多く描かれている。

この下の画像は、墓の入口。ここには比較的(?)新王国時代らしいレリーフがあった。

PB231765n.jpg

見学できるのは4つの墓のみ。その丘の上の墓から下を見下ろすと、大きな泥煉瓦の壁が見える。城壁のようなものだ。厚さが10数メートル、高さもそれくらいだろうか?
その泥煉瓦の中に入ることは禁止されているのだが、他では見ることの出来ない光景なので、なかなか興味深かった。壁の向こうがどうなっているのか非常に興味深い。

PB231783n.jpg

エジプトは広く奥深い。
長年、ここで生活しあちこち見たつもりでも、まだまだ見ていない興味深い遺跡や土地がたくさんある。
ガイドブックに記されていない興味深い場所も実は数多い。(このエルカーブはほとんどのガイドブックに記されている)

歴史は繰り返すというが、古代エジプトにも不安定な時期が数多く存在しながらも、その偉大な歴史は続き綴られてきた。
現在、不安定な現代エジプトや北アフリカやアラビア語圏ではあるが、「そんな時期もあった・・・」と長い歴史の中に於いては、砂漠で一瞬舞う砂埃の、ほんの一粒の砂程度のことなのかもしれない。

平和の訪れを心から願って、2014年終わりに。

Happy New Year 2015 !

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。