FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダハブ(黄金)の沙漠

シナイ半島は、その全体が沙漠だ。紅海と地中海に囲まれた沙漠。
4WDに乗らなくとも、普通の車での移動時に岩沙漠や、ちょっとした砂丘のようなものを時折、車窓から見ることが出来る。よって、ビーチリゾートが目的でも、ちらっとだけ沙漠を垣間見ることが可能だ。
しかし残念ながら、おおっ砂だ!という場所は残念ながら車が駐車できないような山道だったりすることが多い。

この画像の岩に砂が被ったような沙漠は、シャルムシェイク空港からリゾート地ダハブ(黄金の意味)方向に向かう途中の道沿いに見ることができる。過去に幾度か見かけ、おお!岩山の上の砂丘だ!と思いながら撮ることは無く、今年になってから、やっと走る車の中からコンデジ(XZ-2)で撮ることが出来た。

沙漠が好きな旅人の間では岩山も含めシナイ沙漠と呼ぶことが多いようだが、シナイのべドウイン(遊牧民)は、岩山のことは砂が積もっている場所でも「山」と呼び沙漠とは呼ばないようだ。

P5230015.jpg

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。