FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光砂漠ベスト3

観光砂漠ベスト3です。もちろん、独断と偏見で、比較的アクセスしやすい場所限定で選びました。

1位 ワヒバ砂漠(オマーン)

観光化されているとはいえ、元々さほど観光客が多くないオマーンですから、ハイシーズン時でも旅人と遭遇しないことがあります。イコール静かな砂漠を味わえます。他のアラビア半島の観光砂漠と違い、今でも遊牧民が住んでいるところもかなりポイント高いです。4WDを首都マスカットからチャーターするとドライバーは遊牧民またはオマーン人。ここも他の湾岸砂漠(アジア系ドライバー)とは違いますね。ツアーもあるらしいです。マスカットから日帰りも可能。やや赤みがかった砂の砂丘です。計4回ほど行きました。ここの夕日がきれいです。
ただし、ワヒバ砂漠を海側への横断は、よほどのマニア以外にはお勧めしません。海側に到着した時の風景(砂漠+海)には感動しますが、それまでの砂漠が平坦な土砂漠のような感じで僕は非常に疲れました(笑)しかし、途中、遊牧民の生活が垣間見れますので、その楽しみはありますね。


2位 ドウーズ(チュニジア)

シーズン中は多くの欧州人の数に驚きますが、簡単に「サハラ」を味わえる場所として砂漠入門者(?)の方にお勧めの場所です。かなり小さめの白い砂丘郡が続いています。
バスでドウーズまで行けば(首都チュニスから遠いですが)、歩いても砂漠まで行け、そこで待つたくさんのラクダに乗ることができます。
そこから4WDで4時間ほど(だったかな?)でアクセス出来るクサールギレンという映画「イングリッシュ・ペイシェント」で使われた紅い砂漠もありますが、そこも小さめの砂丘です。僕個人の行ってみた感想では、砂漠が大好きでもない限りは、チュニジアはドウーズ近辺の白い砂漠のみでも十分のような気はしました。

3位 ワデイ・ラム(ヨルダン)

映画「アラビアのローレンス」がお好きな方でなくとも、迫力有る風景の楽しめる砂漠かと思います。
1日あれば、4WDなら見所をほぼ廻れます。いわゆる観光客が必ず廻る場所以外にも面白い場所があるので、2泊以上して、あちこち廻るのもナイスです。今も砂漠に住む遊牧民がいます。ラクダでも廻れます。キャンプも可能ですが、冬の寒さは半端でないので、ご注意を。僕は酷い風邪をひき、1週間寝込んだこともありました。
アカバからもぺトラからもアンマンからも簡単にアクセス出来ます。
朝日の昇る前の風景が素晴らしいです。岩沙漠なので、いわゆる砂漠といって一般的に思い浮かぶであろう砂丘の砂漠ではないということで、3位にしました。


本当は、モロッコのメルズーカも入れたいところですが、僕の知るメルズーカは1990年代なので、大砂丘は変わりないでしょうが、「観光砂漠」として現在どうなのか全く分からないということで、はずしました。

画像は、ご想像にお任せします(笑)
砂丘が波のようなタイプではなく、ボコボコっとところどころ盛り上がった感じの砂漠ですね。

P1291175.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。