FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷹 FALCON

カタールのドーハには砂漠の鳥、ファルコンを売る店が数件ある。
鷹だ。鷹狩りのための鳥。

目隠しをされた砂漠の鷹は、自由が欲しいとバタバタ、ぐるぐる暴れまわる。
前がまったく見えない状態だから、どっちに飛べば自由が得れるかなど考えもしない。
いや、考える思考力などもともと持っていないのかもしれない。

そのまま、そこにいても狩りで撃たれるだけなのか?
だったら、暴れよう。

暴れて、主人の目をつついたら、完全に自由になったような気がした。
自由の代わりに餌がなくなることなど考える能力は無かった。
そうだ、目を突きまくれば欲しいものは全て手に入るんだ。突きまくって餌も得よう。

俺たちは、前の見えないファルコンだから、飛ばずに突きまくる。

* 注
上記は、すべて鷹を見ての私のイマジネーションにおいての文章であり、事実とは異なります。
実際は、鷹狩りの鷹は鷹を飛ばして小動物を狩らせるものであって、鷹を飛ばして鷹を狩るものではありません。また、鷹狩りの鷹は歳をとったら自然界に返すそうです。また、目隠しをしているのは、動くものが視界に入るとすぐに飛びかかっていくためだそうです。


* 上記の鷹についての記述のように、カタールに関する文化的情報はすべてドーハ在住のフォトグラファーのTakeshi Fさんにご教示いただいております。感謝。
こちら 『遊牧民的人生』 が、氏のブログです。



P1270769.jpg

P1270773.jpg

P1270774.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。